密輸ウナギ中国から日本へ、絶滅危惧の欧州種

【ブリュッセル共同=小熊宏尚】絶滅危惧種のヨーロッパウナギの稚魚、シラスウナギの中国への密輸が深刻化する中、密輸された稚魚の多くが半年余り中国で養殖された後に日本市場に出荷されていることが31日までに分かった。スペイン治安警察の環境犯罪捜査幹部フアン・ルイスガル…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仕事が終わって最寄り駅…(03/21)

日本とFTA交渉へ、米は農業・サービス開放迫る(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

「松屋」モスクワ初出店、5年で30店舗目標(03/21)

首都で鉄道展開幕、22日まで 公共交通の発展で周辺事業に焦点(03/21)

食品輸入の環境改善へ、日越官民が意見交換(03/21)

トヨタ、工場跡地で水素生産 豪で初の水素補充施設に(03/21)

田辺三菱製薬、KLに販売子会社設立(03/21)

銀座に認証食材のレストラン、東京五輪で注目(03/21)

東海電子、飲酒検知器の市場参入機会探る(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン