車大手が巨額投資へ結束、自動運転巡り競争

【共同】電動化や自動運転といった先進技術の開発を巡り、自動車大手がグループ内の連携を加速している。トヨタ自動車は部品生産や海外事業の一部をグループ会社に任せるなど分業を進め、日産自動車は三菱自動車などと車両本体の共同開発に踏み込む。巨額の投資に耐え、激化する競…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

世界幸福度調査、今年は順位落として80位(17:54)

テイクオフ:仕事が終わって最寄り駅…(03/21)

日本とFTA交渉へ、米は農業・サービス開放迫る(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

「松屋」モスクワ初出店、5年で30店舗目標(03/21)

首都で鉄道展開幕、22日まで 公共交通の発展で周辺事業に焦点(03/21)

食品輸入の環境改善へ、日越官民が意見交換(03/21)

トヨタ、工場跡地で水素生産 豪で初の水素補充施設に(03/21)

田辺三菱製薬、KLに販売子会社設立(03/21)

銀座に認証食材のレストラン、東京五輪で注目(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン