ペルー鉱山に2300億円、三菱商事が開発決定

【共同】三菱商事は27日、ペルーにある世界最大級の未開発鉱山、ケジャベコ銅鉱山の開発を最終決定したと発表した。総開発費のうち、出資比率である40%分の2,200億~2,300億円を新たに拠出する。電気自動車(EV)普及やインフラ整備などで世界的に需要増加が見込めると判断した…

関連国・地域: 日本
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

台湾でポイント決済サービス、ハナ金融(16:13)

経済活動は徐々に正常化へ 爆破テロ後のスリランカ(04/26)

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

テイクオフ:3年間のシンガポール勤…(04/26)

昭和電工、南部にアルミ缶第3工場(04/26)

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

テスラが赤字790億円、納車遅れやリストラ費用(04/26)

マルチスズキ、昨年度は増収減益(04/26)

積水とシンガ企業、シドニー商業施設を売却(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン