4大夜市で空き店舗増加、利用客減少で

台湾の4大夜市で、景気後退による利用客や消費額の減少を背景に空き店舗が増えている。蘋果日報の調査によると、台中市の「逢甲夜市」では貸店舗の空きが目立ち、夜市入り口の碧根陽光広場ではテナント料が10年前の月額4万台湾元(約14万5,000円)から1万元まで値下がりして…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売り観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:突然の総統選出馬宣言か…(04/23)

3月輸出受注、5カ月連続減 貿易摩擦影響、4月も好転望めず(04/23)

TSMCが3DIC技術開発、21年量産へ(04/23)

18年の自動車燃費、プリウスが3年連続首位(04/23)

勤美集団董事長、「22年に中国5大鋳造業へ」(04/23)

鉄鋼団体、業界の課題に3方向から支援(04/23)

製薬の生達化学、日米中中心に海外展開強化(04/23)

クリーンルームの聖暉、蘇州子会社が中国上場へ(04/23)

不動産仲介店、4年で541店減少=内政部(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン