4大夜市で空き店舗増加、利用客減少で

台湾の4大夜市で、景気後退による利用客や消費額の減少を背景に空き店舗が増えている。蘋果日報の調査によると、台中市の「逢甲夜市」では貸店舗の空きが目立ち、夜市入り口の碧根陽光広場ではテナント料が10年前の月額4万台湾元(約14万5,000円)から1万元まで値下がりして…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売り観光


その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(22:19)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(18:36)

テイクオフ:気が付けばウーバーばか…(12/13)

三井アウトレット台中港が開業 19年目標は売上50億元・集客800万人(12/13)

精誠資訊、シーメンスとIIoTで提携(12/13)

18年半導体設備出荷額、台湾は3位=SEMI(12/13)

工研院IEK、「19年メモリーマイナス成長も」(12/13)

台湾系ユニオン銀、新本店ビルの落成式開催(12/13)

UCC、雲林斗六の工場を19年1月本格稼働(12/13)

薬華の注射剤新工場、19年1Qにも生産開始(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン