• 印刷する

上場企業100社の女性役員比率、15%に上昇

シンガポールの多様化行動委員会(DAC)は7月31日、シンガポール取引所(SGX)上場企業100社の女性役員比率が6月末時点で14.7%となり、前年同月の12.2%から上昇したと発表した。データを取り始めた14年以降で最高の水準となっている。

時価総額が上位100社の上場企業のうち、女性役員比率が20%以上の企業は33社。DACは2020年までに上位100社の女性役員比率が20%となることを目指しており、3分の1の企業が既にこれを達成したことになる。

今年1~6月期に就任した役員のうち女性の比率は24%となり、17年通年の18%を大きく上回っている。役員に就任した女性のうち約6割は、これまでに役員経験がない人だった。

役員全員が男性という企業の比率は全体の27%で、17年12月末時点の32%から低下した。ただ、依然として新規に就任した役員の多くを男性が占めている。15年1月から18年6月の間に役員に就任した人のうち役員経験がなかったのは全体の35%で、このうち約70%が男性だった。

SGXに上場する全企業(738社)の女性役員比率は、17年6月末の10.3%から11.2%へとわずかに上昇している。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年も12日まで約2カ…(08/14)

4~6月期のGDP3.9%増 通産省、下振れリスクを懸念(08/14)

4~6月期の輸出は9%増、非電子が好調(08/14)

炭素税導入へ調査実施、他国の状況把握(08/14)

【予定】14日 6月鉱工業生産指数確報ほか(08/14)

ピクセル、日系ソフト開発会社と業務提携(08/14)

ブループリズム、アジア太平洋本部を開設(08/14)

1~6月期の新規保険料収入、20%増(08/14)

地場VC、ブロックチェーンファンドを設立(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン