• 印刷する

テイクオフ:誰しも「負けた」とはギ…

誰しも「負けた」とはギリギリまで認めたくないもの。それが得意分野であればなおさら、プライドが邪魔して次に進めないのが常だ。

上海のホテルで、深夜に尋常ではない腹痛に襲われたのはつい先日。とはいえ数十年にわたり中華圏の屋台で鍛えられ、何回かの入院を経て生まれ変わった胃腸は、鋼鉄を上回る強度だと自負している。少しだけ日本に戻っていたとはいえ、こちらの水や食事に負けることは決してない。断じてない。したがってこれは気のせいだ。発熱も無視して翌々日まで続けた現実逃避は、医師の「胃腸炎です」の一言で終わりを迎えた。

新種のウイルスか毒を盛られたかと言い訳を考えながら、いまさら引っ込められない無駄な自尊心と、それでも屋台に突撃してしまう中華育ちの好奇心を心の中で呪う。とりあえず今回は少しだけ譲歩して、引き分けということにしておく。(潮)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

モバイル決済、2Qは73%増=人民銀(17:16)

香港医思医療、北京企業とクリニックの合弁(15:04)

国内最高の高層ビル着工 中国企業、総工費1.6億ドル(08/21)

テイクオフ:中国ブランドのスマホに…(08/21)

貧困問題解決で3年計画 インフラ整備や産業発展を支援(08/21)

環旭電、ポーランドEMS会社の株式60%取得(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

デベロッパー資金、NEV投資を加速(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

本土からの予防接種旅行が増加、香港に恩恵(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン