サンミゲル、再生可能エネ発電を大幅に拡大

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は、向こう10年間で再生可能エネルギーを利用した発電所の設備容量を最大1,000万キロワット(kW)拡大する計画だ。稼働中の発電所は主に石炭を燃料としているものの、今後は風力や水力、潮力などの再生可能エネルギーにシ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国社の地場ソーラー株取得、競争委が承認(11:49)

テイクオフ:「隠れ家的なバー」が、…(12/10)

3QのFDI認可額は7%増 税制改革でPEZAは大幅減(12/10)

新車販売、環境厳しく来年は1桁成長か(12/10)

ミ島の戒厳令、大統領が1年間の延長要求(12/10)

11月末の外貨準備755億ドル、3カ月ぶり増(12/10)

9月卸売物価指数、3カ月ぶりに加速(12/10)

所得下位層の物価上昇率、9年ぶり水準続く(12/10)

固形ごみ処理コスト、年間1570億円に(12/10)

グラブと財閥SMが提携、スマホ決済拡大へ(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン