資産管理の台湾金聯、桃園に太陽光発電パネル

債権や資産管理を手掛ける台湾金聯資産管理はこのほど、アルミ合金鋳造の啓翔軽金属科技が桃園市新屋区で設けている生産拠点の屋上に、3億6,000万台湾元(約13億円)を投じて太陽光発電パネルを設置すると発表した。発電容量は6.8ギガワット、年間発電量は650万キロワット時を予定…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画「我的少女時代(邦…(08/21)

輸出受注額が再びプラスに 7月は8%増、貿易摩擦影響せず(08/21)

環旭電、ポーランドEMS会社の株式60%取得(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

聯発科技、厦門のIC工業団地が始動(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

元太、上海バス停に電子ペーパーディスプレー(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

量子ドット材料の優美、中科に7千万元投資(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン