• 印刷する

テイクオフ:独特の香りにためらいを…

独特の香りにためらいを感じ、これまで食べないままでいた果物にジャックフルーツがある。少し発酵した香りの黄色いフルーツで、シンガポールではスーパーや市場などでパック詰めされたものがたくさん並べられている。

シンガポール人の友人に強く勧められて食べてみたところ、しっかりとした食感と甘い味にすっかりはまってしまった。独特の香りも慣れると逆にくせになり、初めて食べた翌日にはまた食べたくなってしまうほど。

ただ食べ過ぎには注意が必要。パック売りのものを全て食べたところ、おなかを壊してしまった。胃腸への負担が大きいらしく、食べる際は少量を、水分を取りながらいただくのが重要らしい。勧めてくれた友人に確認すると、「え! 知らなかった。だからいつもおなかが痛いのか」とまさかの言葉。いずれにせよ、おなかを壊してでも食べたいおいしさだ。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年間を通じて高温多湿の…(10/18)

9月輸出は8%増、伸び加速 電子不振も非電子がけん引役に(10/18)

豪議会がTPP関連法可決、早期発効へ前進(10/18)

国際競争力ランク、2年ぶり2位に浮上(10/18)

競争当局、日本紙パルプの同業買収で意見募集(10/18)

車両購入権価格、小型車が大幅下落(10/18)

訪日シンガポール人、9月は5%増(10/18)

TNG、英越境決済会社の6割株取得(10/18)

海事庁、港湾設備部品の3D印刷施設を設置(10/18)

グラブ、運転手の健康管理強化で安全運転推進(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン