• 印刷する

テイクオフ:独特の香りにためらいを…

独特の香りにためらいを感じ、これまで食べないままでいた果物にジャックフルーツがある。少し発酵した香りの黄色いフルーツで、シンガポールではスーパーや市場などでパック詰めされたものがたくさん並べられている。

シンガポール人の友人に強く勧められて食べてみたところ、しっかりとした食感と甘い味にすっかりはまってしまった。独特の香りも慣れると逆にくせになり、初めて食べた翌日にはまた食べたくなってしまうほど。

ただ食べ過ぎには注意が必要。パック売りのものを全て食べたところ、おなかを壊してしまった。胃腸への負担が大きいらしく、食べる際は少量を、水分を取りながらいただくのが重要らしい。勧めてくれた友人に確認すると、「え! 知らなかった。だからいつもおなかが痛いのか」とまさかの言葉。いずれにせよ、おなかを壊してでも食べたいおいしさだ。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日系の小売店が多く進出…(12/19)

トヨタ、グラブと提携強化 車両データ活用し総合サービス(12/19)

鉱業省、19年末にも初の原油生産開始(12/19)

ドンキ、シンガポールに中間持株会社設立(12/19)

ミャンマー産有機農産物、シンガで本格販売(12/19)

フリークアウト、地場ネット広告会社を買収(12/19)

税制優遇など提言、19年度予算案に=PwC(12/19)

オンデマンドバスの試験運行開始、評判は上々(12/19)

SIA新機材、仏タレスのエンタメ機器搭載(12/19)

公営住宅の賃貸契約期間、外国人は最長2年に(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン