• 印刷する

天然ゴムの生産量維持へ、農水省

カンボジア農林水産省ゴム局は、天然ゴムの生産量を維持する方針を明らかにした。近隣諸国がゴム価格の安定化に向けて生産量の縮小を検討しているが、同調しない考えだ。クメール・タイムズ(電子版)が30日伝えた。

ゴム局のポル・ソファ局長は「カンボジアのゴム生産は世界的には小規模だ。ゴム価格は軟調にとどまっているが、生産調整や栽培面積の縮小は行わない」と述べた。

カンボジアの上半期(1~6月)のゴム輸出量は8万4,400トンだった。平均販売価格は1トン当たり1,394米ドル(約15万5,000円)で、作付面積は43万6,812ヘクタールだった。

カンボジアは主にベトナムにゴムを輸出する。政府は現在、中国への直接輸出に向けた交渉を続けている。

カンボジアでゴムの輸出業を手掛けるアン・マディー・グループのリム・ヘン副社長は、タイなどの生産調整に伴い、ゴム価格が近い将来に上昇するとの見通しを示した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

世界遺産地区に巨大リゾート 米系ソンサー、2.5億ドル投資(10/17)

トリドール、外食人材育成校を開校(10/17)

ユーロチャム、経済制裁に反対表明(10/17)

関税優遇措置の停止回避へ、EUと交渉(10/17)

シンガのリンペイ、仮想通貨決済に参入(10/17)

首相の長男、反政府勢力は「国益の損害」(10/17)

過積載車両の検査で汚職、職員14人を解雇(10/17)

アジア投資「欧州流」強調、中国意識(10/17)

4~6月の経常赤字43%増 8.1億ドル、3四半期連続の拡大(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン