電力テナガ、光ファイバー網の開放を検討か

マレーシアの国営電力会社テナガ・ナショナルが、国内に張り巡らせた自社の光ファイバー網を通信各社に開放する可能性が高まっている。ゴビンド・シン・デオ通信マルチメディア相は、今週8月3日までに開放の可否がテナガの取締役会で討論される見込みだと明らかにした。30日付マ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「臭い」問題再び。一難…(12/11)

「サッカー熱」の争奪戦 スズキ杯決勝、チケット即完売(12/11)

三井金属、ス州工場で増産計画が完了(12/11)

RM=27.0円、$=4.17RM(10日)(12/11)

ペナン空港の輸出貨物取扱量、18年は8%増(12/11)

エアアジアの越合弁、19年8月に運航開始(12/11)

SLPリソーシズ、1100万リンギで生産増強(12/11)

カジノゲーム機器RGB、30%増益予想(12/11)

HSL、サラワク州の大規模インフラに照準(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン