オーチャードの店舗空室率、5.6%に低下

シンガポールの繁華街オーチャード地区の店舗空室率が低下している。米不動産仲介大手CBREによると、4~6月期の同地区の店舗空室率は5.6%となり、2014年10~12月期以来14四半期ぶりの低水準となった。 CBREの調査部門責任者(シンガポール・東南アジア担当)のデス…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:国土が極端に小さいシン…(12/13)

高齢者の88%が携帯電話所有 IMDAの通信サービス調査(12/13)

オネストビー、小田急百貨店と提携(12/13)

JR東日本、オーチャードに期間限定店開設(12/13)

越境ECの利用、ア太地域で2番目に活発(12/13)

ニッポンプラットフォーム、NETSと提携(12/13)

株価7営業日ぶり反発、OCBCは1.4%高(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

日本郵船、三菱商事子会社と定期用船契約(12/13)

香港と星の企業統治に弱み、種類株解禁で(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン