• 印刷する

豪与党議員、日本で新型石炭火発投資呼込み

オーストラリアで自由党と与党保守連合を組む、国民党のクリステンセン下院議員が日本を訪問し、地元選挙区を含むクイーンズランド(QLD)州北部へ、低排出・高効率の石炭火力発電所建設に向けた投資を呼び込む活動を行うことが分かった。クリステンセン氏は、石炭を推進する連邦下院議員や石炭産業界の代表者らとともに日本派遣団に参加する。タウンズビル・ブレティンなどが伝えた。

クリステンセン氏が参加する派遣団は、28日から訪問している日本で、電源開発が運営する横浜の磯子火力発電所などを視察する。

クリステンセン氏は、石炭火力発電所にかかわる日本企業数社をまわり、QLD州への投資を求める考えだ。同氏は、QLD州ドーソン選挙区選出で、同州の主要産業の一つである石炭産業を推進しており、同州でインドの複合企業アダニ・グループが進めるカーマイケル炭鉱開発プロジェクトを支持している。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアのインタ…(12/11)

豪住宅市場、硬着陸を警告 経済成長に打撃=OECD(12/11)

豪北部準州、中国との契約数突出(12/11)

〔政治スポットライト〕豪与党保守連合、支持率低迷続く(12/11)

豪炭鉱セントラル、ガス販売量3倍に増加へ(12/11)

オリジン、再生可エネ投資を一時中止(12/11)

今年のIPO、上位6銘柄は平均30%下落(12/11)

医療保険値上げ、17年ぶり最低水準=保健相(12/11)

〔オセアニアン事件簿〕豪金融当局、規定違反IOOFに強硬措置(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン