• 印刷する

トラック運転手のスト、8日目に終了

インド国内の商取引に混乱をもたらしたトラック運転手らのストライキが、8日目となる27日に終結した。物品・サービス税(GST)で必要な電子証明書の扱いや損害保険料の引き下げなど、運転手らが取り上げた諸問題について、政府が見直しを確約したため。ビジネス・ライン(電子版)などが伝えた。

ストは、インドのトラック運転手900万人以上が加盟する全インド自動車運送業会議(AIMTC)の呼び掛けで、20日から行われていた。ストの経済的な影響は不明だが、AIMTCの幹部は、運転手側の逸失収入は1日当たり約400億ルピー(約650億円)と指摘した。

今後、ストで焦点となった諸問題の解決は、新たに発足する上級委員会の議論に委ねられる。同委員会は、政府とAIMTC双方の関係者で構成され、3カ月以内に報告書を提出する見通しだ。


関連国・地域: インド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

【訃報】古屋浩吉氏(前松屋社長)ほか(08/22)

テイクオフ:先週金曜、ニューデリー…(08/21)

タイヤ大手は軒並み増益 需要堅調、各社が積極投資へ(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

トピー工業合弁、西部でホイールの生産開始(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

乗用車の輸出額、4~6月は米国が2位に(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン