• 印刷する

テイクオフ:多角化か、集中化か。台…

多角化か、集中化か。台湾企業の経営戦略を見ていると圧倒的に前者が多いように思う。コネクターメーカーがおむつセンサーやスキンケア商品を開発したかと思えば、偏光板メーカーが医療資材に触手を伸ばす。

先日取材したアパレルメーカーのオーナーは、日本の回転寿司チェーンのライセンス経営に乗り出した。「日本でたまたま入店して食べた時の味が忘れられなかった。活気のある雰囲気にも惹かれた」という。アパレルはもともと先行きの不透明感が強い業種。多角化経営でリスク分散を図るのも狙いだと語る。

「まずはやってみる。失敗してもへこたれない」。生き残るためには失敗を恐れず、異分野への参入にも果敢に挑戦する。台湾企業の姿勢は、ある意味すがすがしい。次はどんなアイデアに出会えるのだろうかと期待しながら、日々彼らの挑戦を追いかけている。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

同じ味とサービスが信頼の証 ココの立役者、林家振総経理に聞く(12/14)

少子化対策に労働時間削減を、林総経理の提言(12/14)

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(12/14)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(12/14)

パネル産業は「供給過剰で苦境」、PIDA(12/14)

遠伝、5Gのパイオニアチームを発足(12/14)

晟徳、バイオ・医療創業プラットフォーム設置へ(12/14)

京華城の入札不調に、応札者現れず(12/14)

日本信義、新ブランド「SJホーム」立ち上げへ(12/14)

台電、台北市松山区の住宅地を再開発(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン