• 印刷する

テイクオフ:多角化か、集中化か。台…

多角化か、集中化か。台湾企業の経営戦略を見ていると圧倒的に前者が多いように思う。コネクターメーカーがおむつセンサーやスキンケア商品を開発したかと思えば、偏光板メーカーが医療資材に触手を伸ばす。

先日取材したアパレルメーカーのオーナーは、日本の回転寿司チェーンのライセンス経営に乗り出した。「日本でたまたま入店して食べた時の味が忘れられなかった。活気のある雰囲気にも惹かれた」という。アパレルはもともと先行きの不透明感が強い業種。多角化経営でリスク分散を図るのも狙いだと語る。

「まずはやってみる。失敗してもへこたれない」。生き残るためには失敗を恐れず、異分野への参入にも果敢に挑戦する。台湾企業の姿勢は、ある意味すがすがしい。次はどんなアイデアに出会えるのだろうかと期待しながら、日々彼らの挑戦を追いかけている。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海傘下の鴻騰、ベトナムの半導体企業を買収(12:57)

テイクオフ:10月1日といえば中国…(10/17)

誠品生活が19年秋に日本出店 三井不の商業施設、複数店展開も(10/17)

PCBの欣興、中国昆山から罰金65万人民元(10/17)

晶電、ミニLED19年下期以降の成長見込む(10/17)

3QのPC出荷台数、エイサーは5位(10/17)

ホンダ、19年版「CR―V」投入で2万台目標(10/17)

薬品業の生産額、2年連続過去最高更新も(10/17)

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(10/17)

「継光香香鶏」、11月にカナダ初出店(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン