• 印刷する

テイクオフ:フィリピンにはマルチリ…

フィリピンにはマルチリンガルがそこら中にいる。ビサヤ語など地方の言葉、タガログ語、英語に加え、華僑系であれば中国語、一部のインテリや重度のアニメオタクは日本語をマスターしていることもある。

勉強法を聞いてみると、「見るもの聞くもの読むもの全て、その言語にして3カ月くらいすれば話せるようになる」なんて猛者も。記憶力か根性か才能か。とにかく辞書と参考書がなければ始まらないだろう、と購入した本がベッド脇に数言語分は積んである。敵は才能うんぬんの前に、この飽きっぽさかもしれない。

と、ここで師の金言を一つ。「語学は無理にするものではありません。勉強したくないときには離れなさい。そして気が向いたら戻ってきなさい。言葉はいつでも待っています」。暑さも和らぎ1年も折り返しを過ぎた。そろそろ彼らを迎えに行く頃合いかもしれない。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昨年10月のインドネシ…(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

予算案の両院対立続く、下院は法案撤回せず(03/21)

2月の国際収支、4.67億ドルの黒字(03/21)

LTグループ、18年も金融けん引し増収増益(03/21)

20日為替:$1=52.810ペソ(↑)(03/21)

小売りロビンソンズ、18年は15%増収(03/21)

外食ジョリビー、4月にグアム進出(03/21)

不動産センチュリー、18年は6割超増収増益(03/21)

18年4Qの建設認可件数、21%増の4万件(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン