金大中氏贈った犬死ぬ?、南北和解の象徴

【平壌共同】2000年に開かれた韓国と北朝鮮の第1回南北首脳会談の際に韓国の金大中大統領(当時、故人)が北朝鮮に贈り、南北和解の象徴とされた韓国名産の珍島犬のつがいが老衰などで死んだ可能性があることが28日分かった。飼育先の平壌中央動物園で生存中の犬は子や孫などの世…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1997年に韓国を襲っ…(12/10)

「米中貿易戦争過熱」が1位 金融システムへのリスク要因で(12/10)

大企業の支配構造再編は表面だけ、公取委(12/10)

SKハイニックス、新社長に半導体専門家(12/10)

大企業への監査時間、19年から2倍に(12/10)

ロッテ、インドネシアを石化拠点に(12/10)

起亜自、AP州にHVやEVを寄贈(12/10)

韓国の建設デウォン、越事業拡大へ資金確保(12/10)

LGD、中国で3千億円強の協調融資契約(12/10)

韓ハンファ、航空機エンジン部品工場を開設(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン