6月の景気信号、「安定と低迷の間」に後退

台湾の国家発展委員会(国発会)が27日に発表した6月の景気概況の総合判断指数は22で、前月比7ポイント下落した。景気対策信号は5カ月ぶりに安定を表す「緑」から安定と低迷の間を表す「黄青」へ後退した。 総合判断指数を構成する9項目のうち、6項目が前月から引き下げられ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

華為、スマホ新機種の台湾販売を中止(12/06)

テイクオフ:「大丈夫ですよ。安心し…(12/05)

米中摩擦、電子も東南ア移転 制裁第4弾で供給網再編に拍車(12/05)

日台間でLCC利用が拡大 シェア4割超え、政策も追い風か(12/05)

ネイバーペイ、台湾・タイでも決済可能に(12/05)

台湾の新LCC設立「困難」、ハードル高く(12/05)

シャープ、企業や政府向け事業に参入へ(12/05)

台湾10社、コンポンスプー州への投資に関心(12/05)

3Q半導体設備出荷額、台湾が世界首位(12/05)

凌華科技、20年末のOTパートナー100社へ(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン