• 印刷する

今年の労働生産性、最大4%上昇=貿産相

マレーシアのダレル・レイキン貿易産業相は26日、今年の労働生産性が最大4%拡大するとの見通しを示した。27日付エッジ・ファイナンシャル・デーリーなどが伝えた。

マレーシア生産性公社(MPC)が同日公表した2017~18年の報告書によると、17年の労働者1人当たりの労働生産性は8万1,268リンギ(約222万円)となり、前年から3.8%上昇した。ダレル貿易産業相は同報告書発表の記者会見で、官民の連携強化によって労働生産性が一段と向上すると指摘。今年は3~4%上昇するとの予測を示した。

一方、MPCは同日、マレーシアの労働生産性を実態に即して正確に把握するため、今年から外国人労働者もデータに組み込むことを明らかにした。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フランスで燃料税引き上…(12/12)

テイクオフ:ダイズアメブラチュウア…(12/12)

埋め立てから焼却発電へ ス州、ごみ処理で中国企業と提携(12/12)

RM=27.0円、$=4.18RM(11日)(12/12)

11月の空港利用者、前年同月比4.3%増(12/12)

トップグローブ長時間残業疑惑、強要を否定(12/12)

電力テナガ、インドの水力発電事業に出資(12/12)

プレスタリアンの株急落、政府の契約破棄で(12/12)

11月のパーム原油生産、前月比6%減(12/12)

フェルダ改革白書、国会提出は19年に延期(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン