• 印刷する

工業団地の分布、2~3年後には全国均衡に

インドネシア工業団地協会(HKI)のサニー会長は、全国的に工業団地の開発が進んでおり、ジャワ島とジャワ島外の工業団地の分布が、2~3年後には均衡化するとの見通しを示した。27日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

サニー会長によると、3~4年前まで全国の工業団地の76%がジャワ島に集中していたが、現在は65%まで縮小した。

HKIの加盟企業が運営する工業団地は87カ所あり、総面積は8万6,884ヘクタール。

ジョコ・ウィドド政権は、ジャワ島に経済活動が一極集中していたために生じている地域間格差を是正し、全国的に均衡のとれた発展を目指し、ジャワ島外のインフラ整備にも力を入れている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(16:46)

タイルの生産増加へ、セーフガードが追い風(16:22)

グラブ、インドネシアに攻勢 出前や旅行予約でサービス強化(12/14)

年末年始のトラック通行規制、大臣令を公布(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

亜鉛メッキ鋼板の年産能力、来年40万トンへ(12/14)

LPG製造スルヤ、アンモニア生産を倍増へ(12/14)

電通イージス、初の女性CEOが就任(12/14)

ゴーゴープリント、インドネシア企業買収(12/14)

BPバタムの運営権限、バタム市に委譲(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン