• 印刷する

テイクオフ:キャンベラで数カ月前に…

キャンベラで数カ月前に乗ったタクシーで、運転手と雑談していると、彼がパキスタン人だと分かった。パキスタンでは仕事がないので、しかたなくオーストラリアに留学に来たそうだ。話していると、彼がインテリであることが容易に伝わってくる。

パキスタンでは汚職が進んでおり、コネがないといい就職は無理だ、と彼はこぼす。そして最後に、「もしもイムラン・カーンが大統領になるなら社会は変わるかもしれないが……」とつぶやいた。「誰だって?」「クリケットの世界的スターだよ、お前知らないのか?」。恥ずかしながらこちらは当時、その人物を知らなかった。

その後実施されたパキスタンの下院総選挙で、カーン氏率いる野党が勝利した。あの運転手が話したことが、現実になりつつある。パキスタンが変わる! 彼は今頃、母国に思いを馳せているに違いない。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:第二次世界大戦後、米国…(03/27)

豪政府、香港とFTA締結 貿易と投資の連携強化へ(03/27)

NTT、豪大学と高齢化社会研究で提携(03/27)

休暇中の時間外労働付加金、年金支払は控除(03/27)

香港と豪州、FTAと投資協定に調印(03/27)

豪10年国債利回りまた低下、株式市場も暴落(03/27)

AGLが60%増益、VIC州石炭火電閉鎖で(03/27)

今後1年間は収入増の期待薄=EY調査(03/27)

「生活賃金」来年7月から段階的導入=野党(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン