• 印刷する

テイクオフ:キャンベラで数カ月前に…

キャンベラで数カ月前に乗ったタクシーで、運転手と雑談していると、彼がパキスタン人だと分かった。パキスタンでは仕事がないので、しかたなくオーストラリアに留学に来たそうだ。話していると、彼がインテリであることが容易に伝わってくる。

パキスタンでは汚職が進んでおり、コネがないといい就職は無理だ、と彼はこぼす。そして最後に、「もしもイムラン・カーンが大統領になるなら社会は変わるかもしれないが……」とつぶやいた。「誰だって?」「クリケットの世界的スターだよ、お前知らないのか?」。恥ずかしながらこちらは当時、その人物を知らなかった。

その後実施されたパキスタンの下院総選挙で、カーン氏率いる野党が勝利した。あの運転手が話したことが、現実になりつつある。パキスタンが変わる! 彼は今頃、母国に思いを馳せているに違いない。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪レクサス、QLD政府と安全技術実験実施(16:40)

豪野党、政府のCO2削減目標の復活目指す(16:40)

アマゾン、豪消費者の米国サイト利用解禁(16:40)

テイクオフ:小説家をしているオージ…(11/22)

香港企業の5割、貿易戦の対策打たず=調査(11/22)

島津、豪で医療ソフト共同開発 患者情報を統合管理(11/22)

予算案で移民削減へ、家族ビザなどに影響か(11/22)

中国政府が報復?豪産大麦に不当廉売調査(11/22)

豪政府、香港企のAPA買収を正式に却下(11/22)

〔政治スポットライト〕インド大統領、初の来豪で2国間関係強化(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン