• 印刷する

シンガポール航空、第1四半期は59%減益

シンガポール航空(SIA)が26日発表した第1四半期(4~6月)の連結決算は、純利益が1億3,960万Sドル(約113億9,100万円)となり、前年同期から58.7%減少した。燃料コストの増大などが響いた。

売上高は0.5%減の38億4,450万Sドル。旅客部門が5.1%増、貨物部門が6.0%増と堅調だったが、航空機整備子会社SIAエンジニアリングが14.9%減と2桁のマイナスだった。

前年同期には、発注した航空機の納入遅延に関する補償金など、1億7,500万Sドルの臨時収入があった。今回はこうした収入がなく、原油高で燃料コストが1億5,400万Sドルも膨らんだことで、収益が悪化した。

営業利益は52.3%減の1億9,310万Sドル。本体のSIAは51.1%減の1億8,100万Sドルだった。短・中距離路線の子会社シルクエアーは前年同期の800万Sドルから20万Sドルに急減。格安航空会社(LCC)のスクート・タイガーエアは300万Sドルから100万Sドル、SIAエンジニアリングは1,900万Sドルから1,000万Sドルにそれぞれ減少した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「去年は日本アルプスに…(01/17)

テック企業のハブに成長へ 金融上回る求人数、グラスドア調査(01/17)

グラスドア、ア太3カ国・地域に進出(01/17)

現代自、グラブにコナEV供給(01/17)

クロスコープ、共用オフィスの提供開始(01/17)

ofoの免許停止を示唆、度重なる違反で(01/17)

ダナン、鉄道建設でシンガポールに支援要請(01/17)

SIA、4月から成田便にA380再投入(01/17)

港湾PSA、18年のコンテナ取扱量は9%増(01/17)

グラブ、中国のネット保険会社と合弁設立(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン