• 印刷する

テイクオフ:台湾表記の前に必ず中国…

台湾表記の前に必ず中国とつけよ。台湾が入っていない中国地図は認めない。中国国内で定期刊行物を発行しようとした時の検閲だ。全部修正したと思ったら、今度は広告上の地図の小さな国境線に物言い。次は何にダメ出しされるのだろうか、とため息をついた。

世界の航空会社のサイト担当者も同じような気持ちだろうか。中国の半ば脅しも交えた要求に応じ、中国人向けの自社サイトの台湾表記を中国台湾や中華台北など、台湾を国と見なせない表記に変えた。

実のところ台湾を国扱いしている旅行サイトは中国国内にもある。だが、そんなものはいつでも変更可能、今回は海外の会社が中国の指導に従った、という点が大きいのだろう。

感情は別にして、中台が事実上二つの国として存在する以上、表記が変わる以上の影響はない。だが次は台湾の何を標的にしてくるのか、という気持ち悪さは残る。(蔵)


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

不買運動で中国業績10%減、美食達人董事長(17:36)

テイクオフ:映画「我的少女時代(邦…(08/21)

輸出受注額が再びプラスに 7月は8%増、貿易摩擦影響せず(08/21)

環旭電、ポーランドEMS会社の株式60%取得(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

聯発科技、厦門のIC工業団地が始動(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

元太、上海バス停に電子ペーパーディスプレー(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

量子ドット材料の優美、中科に7千万元投資(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン