【ビジネス講座】海外居住中国人の183日ルール適用 第779回

租税条約締結国間では、賃金給与の課税判定について、183日ルールが取り決められています。183日ルールとは、相手国での滞在が、連続する12カ月内(租税条約によっては暦年が単位となっており、日中租税条約はこれに該当)に183日を超えず、かつ、相手国で給与が負担されていない場…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港航空の内紛が加速 新取締役と海航集団の対立構造(04/23)

テイクオフ:今年の上海モーターショ…(04/23)

石炭発電の設備過剰が改善 新設規制を緩和、禁止は10地区に(04/23)

EEC、鄭州の空港経済特区と戦略提携へ(04/23)

日中間でETF相互上場へ、金融協力(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

ECと貿易で知財保護強化、政府6部門(04/23)

勤美集団董事長、「22年に中国5大鋳造業へ」(04/23)

海外留学経験者、3割が就職ミスマッチ(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン