• 印刷する

テイクオフ:近所の韓国食材店で、日…

近所の韓国食材店で、日頃購入している日本米を発見した。普段は徒歩20分かけて大型スーパーで入手する品。手間が減る喜びで、意気揚々と持ち帰った。細かい虫がわらわらと湧きだすという惨劇を経験してから、小分けにしてニンニクと乾燥唐辛子を重ねるという術を身につけ、いざ容器に流し込む。ざーっと落ちる米がくすんだ色だった。

匂いもなんとなくおかしいが、好奇心で炊いてみた。ふたを開けると立ち込める匂いに、一瞬で食欲を喪失。ゴミ箱から米の袋を取り出しよく見ると、これまた何か違う。品種は「コシカリ」。返品する気も失せた。

しょっぱいおかずで大量の米をかきこむ当地で、コメの供給が減り価格が上昇している。政府は安価な輸入米を追加で調達している状態だ。そんなこともつゆ知らず、日本米は安定の高価格。偽装だけはやめてくれと思いつつ、再び20分の旅に出た。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

テイクオフ:フィリピンは近年、カメ…(08/20)

東南アの住宅サイト大手へ DOT、若者取り込み比首位(08/20)

エアアジアが欧米便に意欲、日本発着国際線強化(08/20)

コカコーラ現法、米本社に事業売却(08/20)

ロビンソンズのスーパー買収、競争委が承認(08/20)

外食マックス、下半期に50店を新規出店(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン