• 印刷する

テイクオフ:近所の韓国食材店で、日…

近所の韓国食材店で、日頃購入している日本米を発見した。普段は徒歩20分かけて大型スーパーで入手する品。手間が減る喜びで、意気揚々と持ち帰った。細かい虫がわらわらと湧きだすという惨劇を経験してから、小分けにしてニンニクと乾燥唐辛子を重ねるという術を身につけ、いざ容器に流し込む。ざーっと落ちる米がくすんだ色だった。

匂いもなんとなくおかしいが、好奇心で炊いてみた。ふたを開けると立ち込める匂いに、一瞬で食欲を喪失。ゴミ箱から米の袋を取り出しよく見ると、これまた何か違う。品種は「コシカリ」。返品する気も失せた。

しょっぱいおかずで大量の米をかきこむ当地で、コメの供給が減り価格が上昇している。政府は安価な輸入米を追加で調達している状態だ。そんなこともつゆ知らず、日本米は安定の高価格。偽装だけはやめてくれと思いつつ、再び20分の旅に出た。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

来年の昇給率は6%、マーサー予測(14:20)

タイ系石油PTT、来年30カ所以上に給油所(12:04)

テイクオフ:2018年の締めが近づ…(12/17)

3Q経常収支は29億ドル赤字 通年赤字は対GDP比1.9%に(12/17)

三菱自が貿産省を表敬訪問、輸出開始も検討(12/17)

NEDA長官「18年は厳しくも成長維持」(12/17)

外国人証券投資、11月は3カ月ぶり買い越し(12/17)

アジア開銀、マラウイ復興に4.1億ドル供与(12/17)

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(12/17)

14日為替:$1=52.880ペソ(↓)(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン