• 印刷する

日本通運、ドバイ経由の複合輸送サービス

日本通運は26日、インドの現地法人インド日本通運が、アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイ経由の欧米およびアフリカに向けた複合一貫輸送サービス「ネックスサオーエア・サット・インディア(NEXSAO―AIR SAT INDIA)」を6月に開始したことを明らかにした。

首都ニューデリー、南部ベンガルール(バンガロール)、同チェンナイ、西部ムンバイ、同アーメダバードの5拠点で集荷した貨物を、ドバイのジュベル・アリ港まで海上輸送した後、ドバイ国際空港まで保税運送し、欧米・アフリカ各国に航空輸送する。

インドからの輸出が増加傾向にあることや、時期によって大きく変動する航空運賃を背景に、海上輸送と航空輸送を組み合わせてコストや輸送日数を軽減する複合輸送サービスとして提案する。アパレル製品や自動車関連部品などさまざまな貨物に対応する。


関連国・地域: インド米国中東アフリカ欧州
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの旅行業界で、「…(10/15)

上期新車、12%増の223万台 乗用車は3カ月連続でマイナス(10/15)

上期の二輪車販売、10%増の1157万台(10/15)

TVS傘下、チェンナイに部品工場を新設(10/15)

住商、マヒンドラの農薬販売事業に参画(10/15)

富士通ゼネラル、印空調設備会社を子会社化(10/15)

光陽、業務用電動スクーター市場に参入(10/15)

ユニリーバ、7~9月は2割増益(10/15)

日印が救急医療で協力、29日首脳会談で合意(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン