全農と外食企業が輸出で連携、海外店に食材供給

【共同】海外の和食レストランで日本の農産品の利用を拡大しようと、全国農業協同組合連合会(JA全農)が外食業界団体の日本フードサービス協会(東京)と連携することが25日、分かった。外食店に適した品種のコメ生産や加工品の開発で協力する。世界的に急増する和食店に、新鮮…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

プラデルタ、アリババなどに事業用地販売か(16:46)

パキスタン、外資は利益拡大 首相顧問が日本で投資誘致(12/14)

同じ味とサービスが信頼の証 ココの立役者、林家振総経理に聞く(12/14)

11月の新規車両登録は5%減 乗用車と商用車が2桁のマイナス(12/14)

テイクオフ:「日本式のきめ細かい規…(12/14)

【フィンテック】料金徴収代行のPayooが好調 国内8000カ所で対応、月間230億円(12/14)

【改革開放40年】(1)開かれた扉 黎明期の日本企業と日本人(12/14)

〔寄り道〕「10年は日本でやる。日本の技術を…(12/14)

ヤマハ発動機、グラブと資本・業務提携(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン