ダム決壊で被害拡大懸念、降雨の予測

【バンコク共同】建設中のダムが23日夜に決壊し、多数が行方不明になっていると報じられているラオス南部アッタプー県では、数日中にまとまった降雨が予想されており、洪水被害の拡大が懸念される。当局は25日、救助活動を続行するとともに被害状況の把握に努めた。 国営メディア…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

カンボジアとラオス、18年貿易2400万ドルに(08/20)

徴税強化を指示、国境で摘発拡大=財務省(08/20)

デジタル化対応めぐりCLMVTフォーラム(08/20)

国造りに活路、隣国から移転 パクセー特区戦略(下)企業の思い(08/17)

法律の実効性強化が必要、司法省(08/17)

「日系中小企業」に商機あり パクセー特区戦略(上)調整を重視(08/16)

洪水による農業被害、16.6億円の見通し(08/16)

工業団地アマタ、ミャンマーなどに子会社(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン