• 印刷する

カモン病院、LGBT向け健康センター開設

Kウェルネス・センターの開設を発表するカモン病院のシリペン氏=24日、バンコク(NNA撮影)

Kウェルネス・センターの開設を発表するカモン病院のシリペン氏=24日、バンコク(NNA撮影)

性同一性障害の治療で知られるタイのカモン病院は24日、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)向けの健康センター「Kウェルネス・センター」を開設したと発表した。

国内外のLGBTを対象に健康診断、カウンセリング、ホルモン治療、美容整形、歯科治療などのサービスを提供する。

カモン病院は創業20年の専門病院。国際的な医療認証機関であるJCIの認証を取得している。専門医は12人、看護師は100人以上。オペレーションのベッドは計30床。現在、リハビリ患者向けの病室(全60床)をアパート風の施設に改装している。年間の手術件数は約1,000件。患者は日本人が40%、欧米人が20~30%、タイ人が30%を占めるという。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

世銀が政権発足遅れを懸念 成長予測3.8%、民間投資に影響も(04/26)

レムチャバン港入札、NPCが資格審査落ち(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

タイ・ラオス鉄道、一帯一路会議で協力覚書(04/26)

航空関連13事業、PPP方式で実行へ(04/26)

3月の6空港利用者、1%増の1295万人(04/26)

荷揚げ機キトー、子会社設立へ(04/26)

学生靴SCS、事業多角化を推進(04/26)

発電Bグリム、中韓企業と協業推進(04/26)

発電公団、原子力技研と核融合装置を開発(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン