日本カレーをインドに逆輸出 甘くない市場、鍵は菜食主義対応

カレー発祥の地、インドで日本式のカレーを提供する日本企業の動きが相次いでいる。大手チェーン「カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)」は、向こう3年以内の出店を見据え、KUURAKU GROUP(千葉市)は、既に首都ニューデリーで提供を始めた。大塚食品はレトルトの…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:右も左も白ばかり――年…(01/24)

スズキが新型ワゴンR発売 車体拡大し快適に、月2万台目標(01/24)

タタがSUVハリアー発売、127万ルピーから(01/24)

タタ・パワー、デリーにEV充電器設置へ(01/24)

ラカイン州、マウンドーに経済区を3月設置(01/24)

中古車販売トゥルービル、10億ルピー調達(01/24)

サカタのタネ、南部ベンガルールに新拠点(01/24)

全日空と日航、日本から印南部へ新路線(01/24)

自動車部品輸出が容易に、韓印機関が提携(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン