【月次リポート】動向(7月)

■大和ハウスと小田急、豪で宅地開発 大和ハウス工業と小田急電鉄が、オーストラリアで合弁会社「ディーエッチ・ボックス・ヒル(DBH)」を立ち上げ、7月中にシドニー郊外ボックスヒルで、大型宅地開発を始めることが分かった。小田急にとっては海外初の不動産開発事業で、今…

関連国・地域: オーストラリアニュージーランド日本
関連業種: 建設・不動産運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

北部準州に優先受け入れ、低技能含む移民(16:09)

豪12月消費者マインド、今年は1年楽観続く(16:09)

豪10月住宅融資2.6%増、投資向けが拡大(16:13)

テイクオフ:オーストラリアの12月…(12/12)

テラドローン、豪州企買収 資源対象の事業拡大へ(12/12)

三菱商事、WA州石油探鉱権益2カ所を売却(12/12)

NSW港湾の契約は違法、差止めを=競争委(12/12)

豪11月企業景況感下落、信頼感は下落続くか(12/12)

ワヤラ製鋼所再開、再生エネ活用へ(12/12)

ピーク時用ガス発電所、電池利用で閉鎖も(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン