共有オフィスの参入相次ぐ 3年で2.5倍、企業向けの需要も

タイでコワーキングスペース(共有オフィス)市場が急成長している。今年に入りシンガポールや米国、日本企業の参入が相次ぎ、開設数は3年間で2.5倍の150カ所に増加する見通しだ。近年は従来コワーキングスペースを利用していたスタートアップやフリーランスだけでなく、柔軟性の…

関連国・地域: タイシンガポール日本
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

年末年始、慎重な支出続く 官民が消費喚起も伸びは4%見込(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

ビッグC、データ分析でニールセンと提携(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

沖縄の商社、地場輸入卸と資本業務提携(12/14)

ディーン&デルーカ、仏ラガルデールにFC(12/14)

19年は電動車の販売増加=カシコンリサーチ(12/14)

イタルタイ、タダノのトラッククレーン発売(12/14)

サイアムセメント、バングラに合弁設立(12/14)

通信トゥルー、電子決済企業の保有株を売却(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン