共有オフィスの参入相次ぐ 3年で2.5倍、企業向けの需要も

タイでコワーキングスペース(共有オフィス)市場が急成長している。今年に入りシンガポールや米国、日本企業の参入が相次ぎ、開設数は3年間で2.5倍の150カ所に増加する見通しだ。近年は従来コワーキングスペースを利用していたスタートアップやフリーランスだけでなく、柔軟性の…

関連国・地域: タイシンガポール日本
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイで料理動画の人気が…(08/22)

塩・脂肪・糖分控えめに 保健省、食生活の改善活動本格化(08/22)

7月の二輪登録台数3%減、累計もマイナス(08/22)

メルセデス、「Sクラス」の新型2車種発売(08/22)

越の車輸入制限、引き続き影響=工業連盟(08/22)

日、韓、タイの小売事業者が市場参入に意欲(08/22)

政府合同庁舎の第3期開発工事、年内着工へ(08/22)

タイコン、シンガ系共有オフィス2カ所取得(08/22)

プルックサー、川沿いに中級コンド第2弾(08/22)

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン