中国大使、EUの貿易政策を批判

中国の熊波駐カンボジア大使は、欧州連合(EU)がカンボジアに付与している一般特恵関税制度(GSP)を内政干渉のカードに利用していると批判した。政治と経済は分離して対応すべきと指摘している。プノンペン・ポスト(電子版)が23日に伝えた。 熊大使は「貿易は経済のルー…

関連国・地域: 中国カンボジア欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

世銀、カンボジアの開発支援に千億円超(09/19)

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

シエムレアプに観光新都市、客足回復に期待(09/19)

カンボジア商工会議所、メン氏が会頭再選(09/19)

衛星タイコム、カンボジア子会社を売却(09/19)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

米ヒルトン、22年までに1号店を首都に開設(09/18)

EU向けコメ輸出額、今年は1割減見通し(09/18)

電気機器の仏ルグラン、新製品の投入強化(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン