• 印刷する

ステンレスにAD調査、日本製など=商務省

中国商務省は23日、日本、欧州連合(EU)、韓国、インドネシアから輸入されるステンレス鋼ビレット(鋼片)、熱間圧延ステンレス鋼板および鋼帯に対し、反ダンピング(不当廉売、AD)関税措置に向けた調査を同日から開始すると発表した。

ステンレス鋼の中国大手である山西太鋼不銹鋼が6月22日、4カ国・地域のこれら製品が不当に安く中国へ輸出されたことで国内産業が損害を受けたとして、業界を代表してAD調査の実施を商務省に申請していた。調査期間は2019年7月23日までの1年間で、状況によっては20年1月23日まで延長する。

関税番号の72189100、72189900、72191100、72191200、72191312、72191319、72191322、72191329、72191412、72191419、72191422、72191429、72192100、72192200、72192300、72192410、72192420、72192430、72201100、72201200に分類される品目が対象となる。


関連国・地域: 中国-全国韓国インドネシア日本欧州
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

化粧品ODM韓国コルマー、中国に第2工場(16:39)

米国債保有残高、15カ月連続で中国が首位(20:07)

テイクオフ:広州の地下鉄駅で雨傘の…(10/17)

農村観光振興へ3カ年計画 インフラ整備や環境対策を推進(10/17)

PCBの欣興、中国昆山から罰金65万人民元(10/17)

9月の訪日中国人、5年ぶりに減少(10/17)

「一帯一路」基金、7千億円を対比投資(10/17)

9月CPIは2.5%上昇、伸び率0.2P拡大(10/17)

MGモーター、20年にEVを発売(10/17)

過剰生産能力の解消、呼応企業に税優遇(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン