• 印刷する

ヤンコールの一般炭生産増加、資産拡大奏功

中国の石炭大手ヤン州煤業(Yanzhou Coal)のオーストラリア子会社ヤンコール・オーストラリアがこのほど、一般炭の輸出量が急増していることを明らかにした。英豪系資源大手リオ・ティントから取得した石炭子会社コール&アライド(C&A)が貢献した。23日付オーストラリアンが伝えた。

ヤンコールの今年4〜6月の一般炭輸出量は760万トンと、前年同期比130%増となった。原料炭も31%増の232万トンと拡大し、石炭総生産量は129%増の1,270万トンだった。

同社は今月、年内の香港証券取引所への上場を計画していることを明らかにした。先にはC&A取得に向け23億5,000万米ドル(約2,618億円)の増資を行ったが、石炭を嫌う傾向が高まっているため国内投資家らはこれに消極的で、親会社のヤン州煤業や香港の信達国際投資、スイス系商品取引・鉱山開発グレンコアなど既存大株主4社が新株を取得。香港にも上場することで、中国人投資家の支援を受けやすくなることが狙いとみられる。

■サウス32、原料炭生産量が予想上回る

パース拠点の資源会社サウス32は、昨年度第4四半期(2018年4〜6月)の原料炭生産量が前年同期比24%減となったものの、通期の生産量は320万トンと、当初予想の300万トンを上回ったと明らかにした。また、マンガン生産で世界最大手の同社は、需要高に押し上げられ、通期のマンガン生産が昨年度比10%増加する見込みとしている。


関連国・地域: 中国香港オーストラリア
関連業種: 金融天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

豪北部準州、中国との契約数突出(17:37)

今年のIPO、上位6銘柄は平均30%下落(17:37)

テイクオフ:オーストラリアで住宅市…(12/10)

豪州、世界最大LNG輸出国に イクシスが貢献、カタール抜く(12/10)

ヤン州煤業、ヤンコールの株式放出を検討か(12/10)

SA州の蓄電施設、初年度に予想上回る成果(12/10)

華為、豪経由海底ケーブルで通信傍受?(12/10)

通信アクセス法、与野党支持で可決(12/10)

〔政治スポットライト〕R&D税控除プログラム、総選挙の争点に(12/10)

Basiq、銀行取引データで自動的に融資審査(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン