• 印刷する

《日系進出》東レが電池部材の新ライン稼働

東レの韓国子会社の東レバッテリーセパレータフィルム(BSF)が、リチウムイオン電池向けの絶縁材(セパレーター)工場(亀尾市)で新設ラインを稼働させた。生産能力は非公開だが、現在よりも90%引き上げた。

東レは昨年8月、世界でセパレーターの生産能力を17年度比で約3倍に増やす計画を発表しており、今回の投資はその一環。電気自動車(EV)需要の拡大を見込み、「20年までに2,000億ウォンを追加投資する」(東レ広報担当者)。

韓国メディアは、生産した絶縁材はサムスンSDIやLG化学といった韓国のリチウムイオン電池大手に供給すると伝えている。投資額については韓国各紙が「839億ウォンを投じた」と報じたが、東レは否定している。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 化学その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:きょうは大学修学能力試…(11/14)

LNG船、安値受注があだ 造船業界、業績回復に至らず(11/14)

燃料電池車やバイオ、規制自由特区7つ指定(11/14)

SKハイニックス、東京でイメージセンサー研究(11/14)

ハナ銀、ベトナム投資開発銀の第2位株主に(11/14)

韓国支援の工業団地開発、2件が進行中(11/14)

ダイナースカード韓国撤退、現代と契約満了(11/14)

現代モービス、レーダー適用の安全技術開発(11/14)

現代自、米・豪のエコカー市場攻略へ(11/14)

GSカルテックス、中東に原油取引所を設立(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン