• 印刷する

《日系進出》東レが電池部材の新ライン稼働

東レの韓国子会社の東レバッテリーセパレータフィルム(BSF)が、リチウムイオン電池向けの絶縁材(セパレーター)工場(亀尾市)で新設ラインを稼働させた。生産能力は非公開だが、現在よりも90%引き上げた。

東レは昨年8月、世界でセパレーターの生産能力を17年度比で約3倍に増やす計画を発表しており、今回の投資はその一環。電気自動車(EV)需要の拡大を見込み、「20年までに2,000億ウォンを追加投資する」(東レ広報担当者)。

韓国メディアは、生産した絶縁材はサムスンSDIやLG化学といった韓国のリチウムイオン電池大手に供給すると伝えている。投資額については韓国各紙が「839億ウォンを投じた」と報じたが、東レは否定している。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 化学その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

ロッテに不買運動の危機再燃 日韓の合弁多数、会長トップ外交(07/19)

不買運動参加率54.6%、先週から6.6P上昇(07/19)

自動車展:中国2社は音声認識システム披露(07/19)

韓国が仲裁委開催拒否へ、「一方的に設定」(07/19)

対日貿易摩擦で一丸、文氏が与野党と協議(07/19)

日韓貿易摩擦、電子業界に新たな逆風も(07/19)

韓国輸出規制「9割賛成」、日本の意見公募(07/19)

ピルバラミネラル、リチウム事業放出進まず(07/19)

DRAM価格が急上昇、日韓貿易摩擦で(07/19)

韓国3年ぶり利下げ、景気低迷や日本規制で(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン