日本食品の成熟市場を開拓 宮崎県の新たな取り組みに密着

宮崎県が、香港の消費者に飽きられない新たな取り組みで食品輸出の拡大を図っている。香港は日本にとって、2017年まで13年連続で農林水産物・食品の最大の輸出先となっており、スーパーマーケットには日本各地から運ばれてきた食材が数多く並ぶ。安心安全、鮮度をより気に掛ける消…

関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(00:23)

韓国、香港で食品販売に注力 コスパに強み、韓流も追い風に(08/17)

日本食品輸出をさらに拡大へ、農水相がPR(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

HKTSPの企業育成、5年内に500社に(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

HKMA、計3回の香港ドル買い実施(08/17)

京都の「%Arabica Coffee」が1号店出店へ(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン