• 印刷する

今年の雇用は堅調に推移=シーク・アジア

オーストラリア系オンライン人材サービス会社シーク・アジアは20日、ホーチミン市で開いた会見で今年のベトナムの雇用について「2017年ほど高水準ではないものの堅調に推移している」との見解を示した。一方で、有能な人材の雇用と維持が企業側の課題となっている。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が報じた。

同社が実施した調査「Job Outlook Report 2018」によると、事業の拡大を計画している企業数は17年と比較すると18ポイント減少となる、50%増だった。一方、10%の企業は採用率を維持すると答えた。

計画・投資省の報告では、新興企業数と登録資本金は14年から3倍に増加。同社はこうした新興企業や外資系企業の成長で、求職者の選択肢は増えていると話した。ただ、人材業界は現在、特に技術開発などの分野で求職者主導の「売り手市場」になっているという。競争の激しい市場で適切な人材を確保するためには、雇用のプラットフォームを整える必要があると述べた。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

モバイル通信、ユニテルが最速=米調査(11/22)

松尾製菓、20年に工場稼働へ 日本向けに「チロルチョコ」生産(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

ベトナム海外投資先、カンボジアが4位に(11/22)

航空分野10年で4倍、今後はインフラ投資を(11/22)

ベトナム航空、ハノイ―マカオ線12月就航(11/22)

中越国境で、貨物専用道路が来年1月開通へ(11/22)

ニントゥアン、再生可能エネの送電網が不足(11/22)

太陽光発電投資が下火に、事業効率低下で(11/22)

ビナケム、南部化学品輸出入社の株売却へ(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン