• 印刷する

硬貨を電子マネーに、香港で50端末設置へ

硬貨を電子マネーに変換するシステム「ヘイコインズ(HEYCOINS)」が香港でじわりと広がりをみせている。現在は端末22台が稼働しており、運営会社は年末までに香港全域50カ所に設置したい方針だ。サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

ヘイコインズは2016年、香港城市大学と嶺南大学の学生2人が考案した。これまでに同端末を通じ、760万HKドル(約1億1,000万円)以上の硬貨が電子マネーやクーポンに交換され、利用者は3万人以上に上るという。

香港通信会社のHKT(香港電訊)が手掛ける電子決済サービス「拍住賞(タップ・アンド・ゴー)」とも提携している。

ヘイコインズはシンガポールとマカオにも端末を導入したい考え。マカオでは香港ドルとマカオパタカの両通貨を受け付ける方針だという。創業者の1人、アダム・ラウ氏は「シンガポールは香港市場とよく似ており、アジア市場進出へのステップになる」と展望を述べた。


関連国・地域: 香港マカオシンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

香港航空の内紛が加速 新取締役と海航集団の対立構造(04/23)

高級タクシー導入、政府が条例案提出(04/23)

1~3月の失業率、12期横ばいの2.8%(04/23)

労工処の就職説明会、18年採用率は1.4%(04/23)

香港の出張費、2年連続でアジア首位に(04/23)

続落、休み前で静かな相場に=香港株式(04/23)

大湾区で保険アフターサービス、本土と交渉(04/23)

宝飾2社の1~3月期、改善進む(04/23)

辺境モール、免除のはずの賃料請求で紛糾(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン