発電所建設、収賄側を告発へ=汚職追放委

日本で司法取引制度が初めて適用されたタイの発電所建設に絡む贈賄事件で、タイの国家汚職追放委員会(NACC)は、大手発電機メーカー「三菱日立パワーシステムズ」(MHPS、横浜市)の担当者から賄賂を受け取った運輸省港湾局の関係者らを、近く収賄容疑で告発する方針を固…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア出身の世…(01/24)

18年車生産、2百万台達成 歴代3位、19年も国内けん引見込(01/24)

18年の輸出台数0.1%増、3年ぶりプラス(01/24)

総選挙は3月24日、勅令受け選管が発表(01/24)

18年の対タイ貿易額、36%増の84億ドル(01/24)

タクシン派の首相候補未定、親軍派は現首相(01/24)

WHA、中国EC京東と物流事業の合弁会社(01/24)

発電GPSC、エネルギー回収事業を取得(01/24)

外食ゼン、5年以内に年商345億円へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン