現代自の労使、8年ぶりの夏休暇前の妥結も

韓国自動車大手の現代自動車の2018年の労使交渉が20日、暫定妥結した。基本給を月4万5,000ウォン(約4,400円)以上引き上げる。上げ幅は、史上初の越年決着となった前年(5万8,000ウォン)を下回った。26日に行われる組合員による投票で可決されれば、8年ぶりの夏休み休暇前の妥…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国政府が25日、黄海…(01/24)

スマホ輸出が16年ぶり最低 販売不振響く、中国製に苦戦必至(01/24)

SKTの量子暗号通信装置、米国で試験導入(01/24)

ラインタヤの韓国系工場、300人がスト決行(01/24)

サムスン電子、SSD新モデルを発表(01/24)

ドローン産業の大型拠点、竜仁市が造成へ(01/24)

現代モービス、18年受注41.7%増え過去最高(01/24)

現代ウィア、車軸と軸受け一体型製品を開発(01/24)

自動車部品輸出が容易に、韓印機関が提携(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン