• 印刷する

テイクオフ:「入場料120元って日…

「入場料120元って日本円でいくらだ?」「2千円ぐらいですね」「……外から眺めるだけにしよか」。蒋介石の故郷、浙江省の渓口を訪ねたときのこと。蒋氏の別荘のほか博物館など複数の施設に入場できるパスなのだが、それでも120元は法外に思えた。

渓口自体は涼しげな川が流れる自然豊かな場所で、蒋介石が立身後も別荘を残した気持ちが分かるような気がする。一帯は観光地として整備されているものの、土産物店に並ぶ名産のせんべいや、ちょうど旬にあたる桃などは上海から来ると驚くほど安い。だからこそ、120元という料金設定がなおさら異質に感じた。

帰宅してからも気になり、蒋介石でこれだけ高いのだからと、毛沢東の生家を調べてみた。すると入場料は無料。今度は台北の中正記念堂を見ると、ここもタダ。その土地での評価とゆかりの施設の入場料は反比例する、という法則でもあるのだろうか。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

若者狙いの中国限定新SUV、現代自が投入(12:15)

周大福、7~9月の香港マカオ市場25%増収(20:00)

全国のPM2.5濃度、9月は16.7%改善(16:43)

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

経済政策と元安に不満強める 米、為替操作国認定は見送り(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

日本とともに保護主義反対、中国商務省(10/19)

中国ベスト、タイで宅配事業開始(10/19)

海外からの対中投資、1~9月は2.9%増(10/19)

マイカー保有台数、1.8億台を突破(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン