人民元が対ドルで続落、当局介入の観測も

【上海共同】20日の中国・上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで続落し、通常取引の終値(日本時間午後5時半現在)が、前日比0.09%安の1ドル=6.7795元となった。昨年7月中旬以来、約1年ぶりの元安ドル高水準。米中貿易摩擦への懸念から、元安ドル高傾向が続いている。 こ…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

華為CFOの保釈、加裁判所が認める(11:59)

テイクオフ:芸術展の類いに好んでよ…(12/12)

美的集団、エアコン投入強化 トップ3目指し日系市場に攻勢(12/12)

1~11月の新車販売1.7%減 下げ幅拡大、通年マイナスも(12/12)

発改委、新5カ年計画の策定作業開始(12/12)

劉副首相が米側と電話会談、貿易摩擦で協議(12/12)

19年の鋼材需要と粗鋼生産量、減少予測(12/12)

米、香港に対イラン禁輸措置の徹底を要請(12/12)

LNGの海上輸送、安全確保強化を通達(12/12)

ワヤラ製鋼所再開、再生エネ活用へ(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン