元香港トップ、二審も実刑=在任中の不適切行為

【広州共同】香港政府トップの行政長官在任中に公職者として不適切な行為をした罪に問われた元長官の曽蔭権被告の上訴審判決で、香港高等法院(高裁)の上訴法廷は20日、禁錮1年8月とした一審判決を減刑し、禁錮1年の実刑判決を言い渡した。香港メディアが伝えた。 判決などに…

関連国・地域: 香港
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

マカオのCTM、騰訊とクラウドで提携(15:57)

低技能職に就く大卒者が増加 学歴と職種のミスマッチが悪化(12/19)

香港スタートアップ指数、人材の評価低く(12/19)

9~11月の失業率、8期横ばいの2.8%(12/19)

銀行「スキルギャップ」、業界6割が認識(12/19)

本土向け生保の販売拡大を、金発局が提言(12/19)

金銀業貿易場、ブロックチェーンで金取引へ(12/19)

3日続落、節目の26000下抜け=香港株式(12/19)

海通国際、ウェルスマネジャー500人増員へ(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン