EUの対中国自転車関税、台湾大手の影響軽微

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は19日、中国製の電動アシスト自転車に対して反ダンピング(不当廉売、AD)関税を課すと発表した。課税率は21.8~83.6%。これについて、中国に生産工場を持つ台湾の自転車大手、巨大機械工業(ジャイアント)や美利達工業(メリダ)…

関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系鴻騰、ベトナム半導体企業を完全買収(19:18)

テイクオフ:10月1日といえば中国…(10/17)

誠品生活が19年秋に日本出店 三井不の商業施設、複数店展開も(10/17)

PCBの欣興、中国昆山から罰金65万人民元(10/17)

晶電、ミニLED19年下期以降の成長見込む(10/17)

3QのPC出荷台数、エイサーは5位(10/17)

ホンダ、19年版「CR―V」投入で2万台目標(10/17)

薬品業の生産額、2年連続過去最高更新も(10/17)

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(10/17)

「継光香香鶏」、11月にカナダ初出店(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン