• 印刷する

マックスバリュ西日本、山東子会社を清算へ

イオングループのマックスバリュ西日本(広島市)は20日、山東省で食品スーパー事業を手掛ける連結子会社の永旺美思佰楽(青島)商業を解散し、清算すると発表した。

永旺美思佰楽(青島)商業は2013年1月に青島市で設立。収益確保が難しい状態が続いており、17年12月期の純損益は5億2,400万円の赤字となっていた。マックスバリュ西日本は解散と清算について「日本国内事業に経営資源を集中すべきと判断した」としている。

20日から解散の手続きを始める。清算結了までに債務超過となるリスクを避けるため、8月に増資することも併せて決定している。増資後の資本金は1億6,800万元(約27億8,500万円)となる予定。


関連国・地域: 中国-山東日本
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

「春運」の鉄道切符、23日に販売開始(13:45)

テイクオフ:台湾の著名なパン職人、…(12/19)

テイクオフ:日本からの視察が引きも…(12/19)

【改革開放40年】(4)創新と創業 勃興する新産業、発信の時代へ(12/19)

改革開放「とことんまで」、40周年で習氏(12/19)

銀行「スキルギャップ」、業界6割が認識(12/19)

自動車産業投資で新規定、EVも管理を強化(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

本土向け生保の販売拡大を、金発局が提言(12/19)

ベンツが米産モデル値下げ、来年3月末まで(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン