• 印刷する

ア開銀支援の太陽光設備、11月に調査完了

カンボジア鉱業・エネルギー省によると、アジア開発銀行(ADB)が支援する出力10万キロワット(kW)の太陽光発電設備の建設に関する事業化調査が11月に完了する見通しだ。次の段階として、民間企業を対象にした入札を開始する。クメール・タイムズ(電子版)が20日伝えた。

同省のビクター・ジョナ電力局長が明らかにした。ADBは発電設備の建設に、環境配慮型エネルギーの導入を支援する気候投資基金(CIF)を利用した無利子融資の提供を計画している。

同局長は発電設備の建設地について「既に複数の発電施設がある南部コンポンスプー州と中部コンポンチュナン州のどこか」との見通しを示した。

ADBは昨年、ドイツ系シンガポール企業サンシープ・グループが南東部スバイリエン州バベットに建設した出力1万kWの太陽光発電設備に920万米ドル(約10億円)を融資した。同施設は既に稼働している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイ国境鉄道、実用化に課題 運営・設備整わず、輸送網に遠く(04/25)

受注維持へ、賃上げ回避 看見カンボジア(2)国境地域に解(04/25)

EUのコメ課税に反対、東南アに支援要請(04/25)

燃料価格20%上昇、4カ月ぶり=商業省(04/25)

モンドルキリに新空港、年後半に調査開始(04/25)

ケップ州の観光開発推進、カジノは認めず(04/25)

分析重視の教育が必要、IT時代に備え(04/25)

IMF、カンボジア経済のリスク指摘(04/24)

開拓者、90年代から根を張る 看見カンボジア(1)躍動、台湾企業(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン