• 印刷する

ア開銀支援の太陽光設備、11月に調査完了

カンボジア鉱業・エネルギー省によると、アジア開発銀行(ADB)が支援する出力10万キロワット(kW)の太陽光発電設備の建設に関する事業化調査が11月に完了する見通しだ。次の段階として、民間企業を対象にした入札を開始する。クメール・タイムズ(電子版)が20日伝えた。

同省のビクター・ジョナ電力局長が明らかにした。ADBは発電設備の建設に、環境配慮型エネルギーの導入を支援する気候投資基金(CIF)を利用した無利子融資の提供を計画している。

同局長は発電設備の建設地について「既に複数の発電施設がある南部コンポンスプー州と中部コンポンチュナン州のどこか」との見通しを示した。

ADBは昨年、ドイツ系シンガポール企業サンシープ・グループが南東部スバイリエン州バベットに建設した出力1万kWの太陽光発電設備に920万米ドル(約10億円)を融資した。同施設は既に稼働している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

1~9月税収17%増、通年目標の約9割に(19:14)

不動産市場、10年で激変 首都のオフィス供給面積146倍(10/19)

Arinos、化粧品のネット通販開始(10/19)

政府、輸入車の審査基準策定を計画(10/19)

小口金融HKL、社債発行へ説明会開始(10/19)

国連支援で農業実態調査、800地区で実施(10/19)

1~9月交通事故死、3.1倍の1300人超(10/19)

【カンボジア経済通信】中銀がフィンテック導入促進 第338回(10/19)

7社にハラル認証付与 商業省、食品製造・飲食店に(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン