《知財》顔が隠れるデジタル社会 模倣との闘い(下)手段も巧妙化

タイにあふれる模倣品との闘いでは、日本企業も当局と対話の場を持つなど、自衛に乗り出している。模倣品の製造元の調査を請け負う法律事務所も存在する。しかし、違法業者の手口も巧妙になり、顔の見えないデジタル社会の到来がますます対策を複雑にしている。 首都バンコク…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:25日にバンコクのサイ…(11/26)

10月の新車販売、前年並みに 商用車好調で2カ月連続7万台超(11/26)

2020年10月のタイの新車販売台数(表)(11/26)

ホンダ、「シティハッチバック」を初公開(11/26)

EVへの買い替え支援策、12月2日に協議(11/26)

タイの貨物トラックの入国再開、ミャワディ(11/26)

自動車のライト改造、最高17万円の罰金(11/26)

ライオンエア、国内路線数はコロナ前水準に(11/26)

工業団地アマタ、今年の土地販売目標は未達(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン