《知財》顔が隠れるデジタル社会 模倣との闘い(下)手段も巧妙化

タイにあふれる模倣品との闘いでは、日本企業も当局と対話の場を持つなど、自衛に乗り出している。模倣品の製造元の調査を請け負う法律事務所も存在する。しかし、違法業者の手口も巧妙になり、顔の見えないデジタル社会の到来がますます対策を複雑にしている。 首都バンコク…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

住商系がEMS工場を開所 タイ国境で、取り巻く環境改善も(12/10)

人権法、東南アの香港投資に影響なし=政府(12/10)

照明のリグマン、首都に旗艦店をオープン(12/10)

テイクオフ:ミャンマーのヤンゴン国…(12/09)

電子部品3Q決算は5割減益 米中摩擦で打撃、他業種へ投資も(12/09)

JBIC、EMSの堅田電機に1億円融資(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

ホンダの新型シティ、1週間で2千台超受注(12/09)

自動車買い替え優遇策、16日に官民が協議(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン