《知財》顔が隠れるデジタル社会 模倣との闘い(下)手段も巧妙化

タイにあふれる模倣品との闘いでは、日本企業も当局と対話の場を持つなど、自衛に乗り出している。模倣品の製造元の調査を請け負う法律事務所も存在する。しかし、違法業者の手口も巧妙になり、顔の見えないデジタル社会の到来がますます対策を複雑にしている。 首都バンコク…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、ASEAN首脳会議に出席へ(17:06)

テイクオフ:中国本土への容疑者引き…(06/18)

バーツ再上昇で輸出に懸念 首相続投後、2300億円の影響試算(06/18)

中国人のコンド需要半減、バーツ高が影響(06/18)

阪急阪神不、コンド事業の参画戸数1万戸超(06/18)

メルセデス、SUV「GLC」新モデル発売(06/18)

空港高速鉄道、2割の土地収用めど立たず(06/18)

南部ソンクラー港の増強、7月に入札実施(06/18)

Bグリム、越2カ所の太陽光発電所稼働(06/18)

バイオ発電TPC、ミャンマー進出計画(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン