ブルースコープ、太陽光発電の電力調達契約

オーストラリアの鉄鋼大手ブルースコープは20日、国内産業向けで最大となる太陽光発電契約を結んだ。安価な再生可能エネルギーの調達や、過去2年で5,000万豪ドル(約41億円)に膨らんでいたエネルギーコストを下げることなどが狙いだ。20日付オーストラリアン・ファイナンシャル・…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 鉄鋼・金属電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアとのFTA、破棄せず=労働党(19:41)

貸し渋りで豪集合住宅建設に打撃=フィッチ(19:41)

〔政治スポットライト〕与党、白人至上主義動議に賛成票で弁明(19:41)

テイクオフ:オージーの友人に、次の…(10/17)

三井住友FG、NSW州と覚書 シドニー西部開発で協力、邦銀初(10/17)

「両国を新ステージに」日豪経済会議が閉幕(10/17)

国家財政健全度、豪は世界4位=IMF(10/17)

中小企業の法人減税、事業成長の抑制要因に(10/17)

インドネシアFTAが頓挫も、労働党が反対(10/17)

〔政治スポットライト〕豪首相、エルサレムへ大使館移転を検討(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン