中油の水酸化脱硫施設、行政院が建設停止を承認

石油元売り台湾最大手の公営企業、台湾中油(中油、CPC)が桃園市亀山区にある石油精製工場内で建設を計画していた、重油成分を除いた成分から硫黄不純物を取り除く「水酸化脱硫」の新施設について、桃園市政府が台湾行政院(内閣)に建設計画の停止を申請し、認められたことが…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 化学天然資源社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系鴻騰、ベトナム半導体企業を完全買収(19:18)

テイクオフ:10月1日といえば中国…(10/17)

誠品生活が19年秋に日本出店 三井不の商業施設、複数店展開も(10/17)

PCBの欣興、中国昆山から罰金65万人民元(10/17)

晶電、ミニLED19年下期以降の成長見込む(10/17)

3QのPC出荷台数、エイサーは5位(10/17)

ホンダ、19年版「CR―V」投入で2万台目標(10/17)

薬品業の生産額、2年連続過去最高更新も(10/17)

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(10/17)

「継光香香鶏」、11月にカナダ初出店(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン